口臭対策に効く「なた豆歯磨き粉」とは?

○ なた豆と口臭の発生原因について

画像

口臭対策ができるということで人気のなた豆歯磨き、そのなた豆が口臭を抑えるのには口臭の発生原因と大きな関係があります。口臭の原因として多いのは、生理的口臭と関係があるためです。

なた豆は昔から膿とりの豆として使われていたこともあり、口臭を抑えるために色々なものに使用されてきました。口内環境を正常化させることで、口臭の原因となる細菌を繁殖させないようにすることができるのも重要な口臭対策となりますね。

もちろん、なた豆歯磨きにしてもできるだけ高品質ななた豆エキスが配合されているものを選ぶことが大切です。質の高い国産のなた豆を使った歯磨きがオススメ、産地が明記されていると安心できますね。

○ 天然成分で副作用の心配が少ない

なた豆が人気の理由としては、天然成分であるため体にやさしいという点です。なた豆は歯磨きとして有名になっていますが、健康茶などにも用いられている植物であり、もちろん口に入れても大丈夫な健康的なものです。
古くは漢方薬としても用いられていました。

ただし、なた豆歯磨きに使われているなた豆には有毒性アミノ酸のコンカナバリンAやカナバリンなどが含まれていますが、これは毒素であるだけでなく歯の健康に作用し歯科医にも用いられる物質です。副作用の心配が少ない物質とはいえ、どんな植物にもアレルギー反応などはありますから、使用する際には注意を払い、体に合っていないとわかったときには使用を中止するのが賢明でしょう。

○ なた豆歯磨きの効果的な使い方

なた豆歯磨きを使うことで口臭を抑えることが利点ですから、歯だけでなくしっかり歯間や歯周ポケットに毛先を届かせることが大切です。

歯の裏側についても、しっかり歯と歯肉の間を磨くようにして下さい。また、食事のたびに歯磨きをすることもとても大切です。できれば朝・昼・晩と一日3回なた豆歯磨きを使うといいですね。食事の直後に歯を磨く方もいますが、直後よりも食事から30分くらいたった時のほうが歯を磨くタイミングとしてはベストです。

食事直後は口の中が酸性のままであり、この状態で歯を磨くことで歯のエナメル質が傷ついてしまう可能性もあるので、食事の後に歯を磨くのであれば少し時間をおいてからのほうがオススメです。

TOPへ戻る