実は効果無し?洗口液の実態

○ 歯磨きと洗口液は全く違う

画像

洗口液・マウスウォッシュは数十年前から販売されるようになり人気となりました。なんとなく「洗口液」という響きから口の中をきれいにする効果があるようにも思えますね。しかし、歯磨きと洗口液に全く同じ効果があるわけではありません。

洗口液では虫歯の原因である虫歯菌を洗い流すことはできません。

こうしたものは、きちんと歯磨きでブラッシングしなければ退治することができないので洗口液を使っているからといって歯磨きをしなくていいということにはなりません。口の汚れを洗い流すことはできますが歯についてくる歯垢はしっかり歯磨きなどで物理的に落としましょう。

しかし、洗口液に全く効果がないというわけでもありません。

○ 歯磨き後は有用

洗口液が役立つのは、なんといっても歯磨き後にしっかり口の中に残った汚れを落としてくれる点にあり、歯磨き後の最後の仕上げとしては役立ちます。

また、口臭を防ぐ意味でも一時的に強い口臭予防効果を持つ洗口液は効果的で、人と会う前などのエチケットとして利用される方も多いでし、この洗口液の消臭効果は一時的なものなので、慢性的な口臭を予防するにはしっかりとした歯磨きの習慣が大切です。

もちろん、歯の健康によいというだけでなく、口の中がスーッとする、すっきりするという気分の問題で洗口液を愛用する方もいますし、悪いことではありませんが、洗口液を使わないほうがいい方もいるので注意が必要です。

○ 洗口液を使用しない方がいいタイプとは

洗口液を使用しない方がいい人は、歯茎が腫れており膿んでいる人など歯の病気にかかっている人です。刺激を与えて悪化させる可能性もあるので、お医者さんに相談しましょう。また、唾液が少なく口の中がネバネバしている方も、なんとなく洗口液ですっきりさせたくなりますが1日に何度も洗口液を使用する事はおすすめできません。

洗口液の使いすぎは口の中の水分をかえって奪ってしまうことになり、症状を悪化させてしてしまうことも・・・。舌や口腔粘膜が弱く口内炎などができやすい人も、刺激物に弱いということですから洗口液はあまりおすすめできません。洗口液には口の中を爽快にさせるため強い刺激物が含まれていますから、使用方法には注意が必要ですよ。