歯周病とたばこの関係

○ タバコと歯周病の関係について

画像

たばこに健康上の様々な害があることはよく知られていますよね?歯周病にも、たばこの有毒物質は密接に関係があります。

歯周病にかかるリスクはたばこを吸うと吸わないでは大違い、1日10本以上たばこを吸う方は5.4倍に、10年以上たばこを吸っている方は4.3倍にリスクが跳ね上がるという調査もあります。また、歯周病になったあとも治りにくく、重症化しやすいためにやはりたばこには害があると言わざるをえないでしょう。

さらに、たばこに含まれるニコチンは血流の流れを悪くしますので、歯や歯を支える歯茎に正常に酸素などを行き渡らせることができなくなってしまいます。その他の物質も有毒なものが多く、デンタルヘルスのことを考えるとたばこには百害あって一利ないと言わざるをえません。

○ ヤニが口に残ることで起こる悪影響

タバコのヤニが口に残ったままだと、歯がざらざらして歯周病菌などが歯にこびりつきやすくなってしまいます。また、タバコを吸い続けることによって口の中にタバコの有害物質、ニコチンなどがどんどん浸透していきやすくなり、よりタバコの悪影響を受けることになります。タバコを吸うにしても、そのヤニはできるだけ早く処理するように心がけてください。

一番よいのは歯を磨くこと、タバコのヤニをすぐに磨き落とし、洗い流すことが大切です。

タバコを吸った後に歯磨きをすることは口臭を抑えることにもつながりますし、とてもよい習慣でしょう。喫煙室を出た後に深呼吸をすることで空気の入れ替えを行うのも効果的ですし、タバコを楽しむにしても、できるだけ健康に悪影響が出ないようにするべきです。

○ 今からでも禁煙は遅くない

タバコが口臭や歯周病に影響するということですが、今からでも禁煙するのは決して遅くありません。

近年の研究の結果として、禁煙することで歯周病などのリスクがどんどん下がっていくこともわかっていますので、数年間禁煙を続けることが大切です。
最初の数年を乗り切ることで、再びタバコを吸いたいという欲求が無くなる方も多くいますし、病気になってから禁煙しても遅いですので、病気になる前にぜひ禁煙していただきたいですね。

最近はタバコをやめたい方向けの禁煙外来なども備わっていますし、タバコをやめられる医療法なども確立されています。歯周病を含め、健康上の問題が気になって来た時がタバコをやめる時期として今、これを読んでいるこの時が一番最適かもしれません。

一度禁煙を検討してみてはどうでしょうか?

TOPへ戻る