歯周病が原因の口臭

○ 歯周病の原因について

画像

多くの方の口臭の原因となっている歯周病についてここでは考えてみましょう。

1つ目は歯周病の原因についてです。

歯周病の原因は歯周病菌という細菌であり、これが口臭の原因ともなっています。歯周病菌はどんな方の口内にも繁殖する細菌ですが、その最近に対抗するだけの免疫力は加齢とともに落ちていくのが当たり前です。

ですから、歯周病は免疫力が落ちた方の口内に歯周病菌がたまり、歯周ポケットというすき間をつくり歯茎に悪影響を与える病気なのです。もちろん、免疫力が落ちる中高年の方に発症しやすい病気ですが口腔ケアを怠っていれば若い方でも歯周病を発症することは十分考えられます。

歯周組織が破壊されることにより、全身症状を引き起こすこともある油断できない病気です。

○ 歯周病の徴候・チェックポイント

歯周病の徴候を示すチェックポイントをいくつか挙げていきたいと思います。

40代、50代以降の歯周病、歯周病予備軍の方が気にすべきは歯茎の状態でしょう。

歯茎が赤くぶよぶよしてきたというのは間違いなく歯周病の徴候、歯茎が弱くなってきており、歯を磨いたら血が出るというのも危険ですのですぐに歯医者さんに行きましょう。

歯がぐらついてきたというような時も、歯を支える歯茎が明らかに弱くなっており、末期に近い状況かもしれません。硬いものが食べにくいなぁと感じてきたら早めにネバネバ対策を行いましょう。

年齢と一緒で歯自体も年をとるとともに弱くなるのは仕方ありませんし、咀嚼力が落ちるということもありますが歯茎の弱さは噛む力に直結してきますが、ケアすることで歯周病による口臭を防ぐことも可能です。

○ 歯周病と口臭の関係について

歯周病は昔、歯槽膿漏とも呼ばれていました。今でも多くの方がこちらの呼び方になじみがあるかもしれません。

歯周病が進行すると、歯槽膿漏という通膿が溜まってきますが、それが口臭の原因と考えられています。

特に歯周ポケットが広がるとメチルメルカプタンといった揮発性硫化物が多くなり、より臭いがきつくなってしまいます。

このメチルメルカプタンは腐った玉ねぎのような臭気を放ち、揮発性硫化物の中でも特に悪臭を放つ物質として知られていて、呼気からこの腐ったような臭いがするといった時には口臭ケアをするとともに歯周病を疑った方がいいでしょう。

また、歯周病の原因である歯周病菌そのものも口臭の原因です。いろいろな形で口臭に悪影響を及ぼす歯周病、健康面から考えてもしっかり予防したいところです。

TOPへ戻る