口臭の原因となる主な病気

○ 歯周病・虫歯などによる口臭

画像

こちらでは、口臭の原因となる病気について基本的なものを紹介していきたいと思います。

まず多くの方の口臭の原因となっているのは歯周病と虫歯、どちらも歯周病菌や虫歯菌が口臭の原因となっているようで、食べかすなどが虫歯でできてしまったすき間にはさまってしまうことで、より臭いがきつくなってしまうこともあります。

歯周病の場合は、歯周病によって弱った歯茎から出血がはじまってしまう、膿がたまってしまうなどでやはり二次的な口臭が広がってしまうこともあるでしょう。これら口臭の原因となる病気は、歯磨きの習慣でしっかり予防していくようにしたいですね。特に歯と歯の間など、手が届きにくい場所ほど入念にケアが必要ですができる限り、デンタルフロスを利用したり正しい歯磨きの仕方を身につけましょう。

○ 歯垢や歯石などによる口臭

歯垢や歯石も、口臭の非常に大きな原因となります。正しい歯磨きの仕方を身につけましょう。歯垢はプラークとも呼ばれる物質で、歯の表面に付着した細菌のかたまりですが当然、最近ですから独特の臭気を発します。

この歯垢をとりきることができなければ、ゆくゆくは虫歯になっていくのでプラークコントロールの重要性がよく言われており、歯石は歯垢がかたまった石灰分のため非常に硬くここまで症状が進行するとなかなか取り除くことができません。
歯石がたまってしまうことで歯周病の大きな原因となりますから、毎日の歯磨きで歯垢を落としていくことが大切です。また、舌苔なども口臭の原因となる口腔の症状です。特徴として、体調が良くない時に舌が白くなってしまうことがあるのですが、これは多くの場合、体調を戻すと症状が改善されます。

○ 口以外の病気による原因も

口臭の原因となる病気はほとんどが口腔関係の病気ですが、まれに口以外の病気が原因で息が臭い場合があります。例えば鼻の病気が原因で口臭になることも。

鼻と口はつながっていますので、蓄膿症などの鼻水や細菌が息の臭いの原因となり、のどに炎症がある場合同様に膿の臭いなどが息として現れます。また、呼吸器系や消化器系が口、息に直接つながっているため、病気の原因となったり、消化器系では食べ物の消化不良が口臭につながることもまれにあります。

全身症状が口臭だけでなく、体臭に影響を及ぼすこともあるので異常を感じた際は医師の診察を受けたほうがいいですね。

TOPへ戻る