口臭の原因

○ 歯周病菌などによる口臭

画像

口臭の原因にはいろいろな原因があるので、1つに特定することは難しいでしょう。

ただ、多くの方の口臭の原因となっているのは口内の細菌によるもので、特に加齢とともに進行しやすい歯周病菌の増加による口臭や、歯のねばつきなどが気になってきた方は要注意です。口の中で歯周病菌が増殖し、嫌な臭いを発しているかもしれません。

実はこの“歯周病”から口臭を予防するには、ミントなどのマウスウォッシュを使うだけ、食べ物などに気を遣うだけ、ただ歯を磨くだけでは対策不足と言われています。
口臭のもとを根本的に断ち切れるよう、歯周病そのものを予防していかなくてはならないからです。

○ 食べ物・飲み物などによる口臭

口臭には食べ物、飲み物など嗜好品の影響を受ける場合が多く、特ににんにくやニラなど薬味として使われるものや意外とらっきょや玉ねぎなども口臭の原因になりやすいです。とはいえ、ブレスケアや牛乳を飲むなどの対策である程度の口臭は抑えられますし、時間がたてば口臭も緩和されていきますので、食べ物による口臭はそれほど大きな悩みにはなりません。

また、多くの方が摂取する嗜好品であるお酒やタバコも口臭の大きな原因で、お酒臭い息やタバコ臭い息は、自分でも自覚しやすいものです。

お酒やタバコを楽しむためには周りへの配慮も大切ですし、もちろんエチケットとして口臭対策をしっかり行うことも大切ですね。タバコの場合、臭いだけでなく歯のヤニにも気をかけましょう。歯の白さは自分が思うよりも好印象を与えますので、意識してホワイトニングしておくといいでしょう。

○ 虫歯や病気による口臭

この他の口臭の原因として代表的なものは、虫歯があげられます。

虫歯があるとそれだけで口臭の原因となる場合が多く、また、虫歯によって歯に食べ物が詰まりやすくなるとさらなる口臭の原因になってしまうこともあります。

また、口腔環境がよくても体の不調により口臭が普段よりも強くなる時もあります。例えば食べ物の消化がよくなく、胃腸の中で腐敗してしまった食べ物の影響で息が臭くなってしまうこともまれにはあるようです。

虫歯がないのに息が臭い、いくら歯を磨いても口臭が取れないという時は消化器系の病気が原因と考えられるので一度お医者さんに診てもらいましょう。どちらにしても、これらが原因となっている口臭は病気によるものが多いため治療の必要もでてくるでしょう。

TOPへ戻る